結婚式の返信ハガキの作り方ガイド

更新日:

 

結婚式の招待状には、ゲストの出欠を確認するために「返信ハガキ」を同封します。

比較的簡単でした

返信ハガキの難易度

このページでは、Word(ワード)を使って返信ハガキを手作りする方法を紹介しています。

 

結婚式の返信ハガキづくりに必要なもの

  • パソコン(Word)
  • プリンター
  • ハガキサイズの用紙
  • なくてもOKテンプレート
  • なくてもOK好きな素材・フォント

※パソコンが得意な方はテンプレート不要です

 

結婚式の返信ハガキのおすすめ用紙サイズ

返信ハガキはその名の通り、ハガキサイズの用紙で作ります。

ちなみに、返信ハガキの用紙選びには選択肢が2つ。

  • 無地のハガキに表面、裏面を印刷する
  • 文面(宛名ではない面)が印字済になっている完成品に宛名を印刷する

ハガキの値段は販売店や紙の種類によって違いますが、無地ハガキと返信ハガキ完成品の値段の差は1枚あたり数十円程度

仮に1枚あたりの差が20円だとすると、100枚で2,000円ほどの差です。

わたしは「完成品は高い」というイメージでよく調べずに両面手作りしましたが、両面を印刷する手間やインク代を考えると2,000円ほどの差なら完成品でもよかったかも?と感じています。

 

返信ハガキ完成品のおすすめ用紙

宛名面だけを印刷するなら完成品ハガキ。

 

返信ハガキ無地のおすすめ用紙

文面も宛名面も印刷するなら無地ハガキ。

 

結婚式の返信ハガキを手作りする方法

テンプレートをダウンロードする

Wordで印刷データを作る

印刷する

テンプレートをダウンロードする

招待状や席次表のように、返信ハガキのテンプレート(Word)を配布しているサイトがあります。

パソコンの操作が苦手な方は、テンプレートをダウンロードして作り始めましょう。

関連記事返信ハガキのテンプレート配布サイト一覧

※パソコンが得意な方はテンプレート不要です

 

Wordで印刷データを作る

テンプレートを使う場合

  1. ネットでテンプレートをダウンロードする
  2. テンプレートのWordファイルを開く
  3. 宛名を新郎新婦の氏名・住所に変更
  4. 記入面と宛名面をそれぞれ印刷する

 

テンプレートを使わない場合

  1. Wordを開く
  2. 【記入面】レイアウト→サイズでハガキを選択
  3. 返信ハガキの見本を見ながら、デザインを作成
  4. 【宛名面】差し込み文書→ハガキ印刷→宛名面の作成を選択
  5. 返信ハガキの見本を見ながら、新郎新婦の宛名を記入
  6. 記入面と宛名面をそれぞれ印刷する

 

まとめ

まだ間に合うムービーづくりで消耗してませんか?

「結婚式で使うオープニングムービー、プロフィールムービー、エンドロールを手作りしようと思ったけど、忙しくてまだ手を付けられてない…」

はじめての動画編集は意外と難しくて、かなりの手間と時間がかかる作業です。席次表の準備がはじまるころには、あっちもこっちもバタバタ…なんてことも。

「もう間に合わないかもしれない」と思ってもまだ諦めないで!

業者へのムービー制作の依頼は意外とリーズナブルです。

\ サンプル動画もあります /

 

-招待状の準備

Copyright© 結婚式のペーパーアイテム手作り大作戦 , 2019 All Rights Reserved.